Black Cat Vibeがデザインを新たについに復活!

 

アメリカのエフェクターブランド「Black Cat」から待望のあの名機が復活し発売となりました!

 

Black Cat Vibe

ここでBlack Catというブランドについて改めてご紹介させて頂きます。

 

Black Catは1993年、テキサスでフレッド・ボンテ氏によって設立されました。ハンドビルトのエフェクターがまだ少なかった時代に、先駆者としてエフェクターに対するプレイヤーの認識を一変させ、エフェクターの可能性を大きく広げました。

 

しかし2007年、フレッド氏が大手カスタムメーカーに移籍することになり、残念ながらBlack Catは一旦そのブランドに幕を閉じ、同時にBlack Catのエフェクターは入手困難な状況になってしまいます。

 

そして2009年、全米有数のギターエフェクトのエキスパート、トム・ヒュージ氏の手により、Black Catが復活しました。

初代Black Catが残したサウンドデザインを継承しながら、基板やコンポーネンツを見直すことでより進化させ、また外観デザインが一新されています。

 

しかしながら、配線や組み込みをアメリカにて手作業で行うという製作手法は一切変わっていません。

新生Black Catによって、伝説は甦り、そして大きく前進しました。

 

 

Black Cat Vibeハーフラックモデル

 

 

ペダルタイプとして発売されたBlack Cat Vibeペダルモデル

 

上記2モデルは当初のBlack Cat時代に制作されたBlack Cat Vibeです。

スコット・ヘンダーソンやマイケル・ランドウをはじめとした名立たるギタリストが好んで使用したことから多くの注目を集めました。

 

Shin-eiのUni-vibeをもとに作られたエフェクターの中でも随一の品質と注目度はまさに伝説の名機と呼ぶに相応しいエフェクターでしょう。

 

本国では発売前から予約が殺到し、現在でもおよそ1ヶ月待ちの状態が続いているとのことです!

 

 

このたび発売となったBlack Cat Vibeのデモ動画です!

 

オリジナル筐体を採用したペダルタイプのデザインです。

コントロールはVOLUME、INTENSITY、SPEEDの3コントロール、そしておなじみのCHORUS/VIBRATO切替スイッチが搭載されています。

 

エクスプレッションペダルを使用することでSPEEDコントロールをリアルタイムに可変させることも可能です。

 

電源は、オリジナルのBlack Cat Vibeのトーンを完全に再現するために敢えて「AC12V」を踏襲しています。

 

あまり使われないタイプの電源ですが、電源アダプターが付属しますので試奏の際やご購入後すぐに弾けないという心配もありません!

 

Black Catが満を持して送り出す「Black Cat Vibe」、揺れ系エフェクターをお探しの方には心からお勧めしたいエフェクターです!

 

 

Black Cat Vibeの紹介ページはこちら

 

楽天市場で探す

Yahoo!ショッピングで探す

デジマートで探す

 

(2012.12.6更新)