WMD The Utility Parametric EQが音作りを完全にサポート!

 

驚愕しました。

WMDといえば、Geiger CounterやFatmanなどの個性的、独創的なペダルが有名です。

ところがWMDの新製品、The Utility Parametric EQは、全てのギタリスト、ベーシストに自信を持っておすすめできる、超強力な音作りのユーティリティなのです。

 

ギター、ベースの持つ帯域を全てカバーする約40Hzから15kHzの範囲で自在に調整ができる3バンドのパラメトリックイコライザです。ギタリストやベーシストにとって、イコライザといえばグラフィックイコライザを思い浮かべるかもしれませんが、より自在に帯域を強調したり、えぐり取ったりするにはパライコが欠かせません。

 

コンパクトサイズの3バンドパラメトリックイコライザ自体、非常に数が少ないのですが、このThe Utility Parametric EQはただそれだけのペダルではなく、品質の高いサウンドにもこだわったペダルです。

たとえば、各帯域のブーストやカットを設定するLevelコントロールは、ブーストもカットもしない設定にするとEQ回路をバイパスすることで、音への影響を最小限にとどめることができます。

 

もちろん、この小さなボディでもイコライザとしては強力。多くのグラフィックイコライザや3バンドイコライザと同じような設定はもちろんのこと、さらに強く帯域を強調したりカットすることもでき、またあえて「耳障りな音」にするための設定もできます。さすがWMD、個性も強く発揮しています。

 

 

非常に高いこだわりで作られた、強力かつ使いやすいパラメトリックイコライザです。会場ごとの音響に対する微調整や、積極的な音作りなど様々な場面で活躍できるペダルとなること間違いありません!

 

 

 

The Utility Parametric EQの詳細はこちら