WMD The Utility Noise Gateはパーフェクトノイズゲート!

 

3バンドのパライコ、The Utility Parametric EQで話題の、WMD

Utilityシリーズ。全てのギタリスト、ベーシストに自信を持っておすすめできる、超強力な音作りのユーティリティツールを作るシリーズです。

 

The Utility Noise Gateは、エフェクトループが1つ付いたノイズゲートペダルです。エフェクターに付くエフェクトループは、いまいち使い方が分からないと思うこともあるかもしれません。しかし、このThe Utility Noise Gateのエフェクトループは、ノイズゲート本来の力を最大限に発揮させるためのものなのです。

 

The Utility Noise Gateのエフェクトループは、(Return側に)何かを接続しなければバイパスされるので、エフェクトループを使わずに一般的なノイズゲートとしてお使いいただくこともできます。

 

普通、ノイズゲートは「音が出ていない時」を判断し、その間をミュートにするものです。ノイズの出るペダルというといろいろありますが、歪み系やコンプレッサーなどが多いですね。ということは、ノイズゲートはそれらの後に接続しなければ意味がありません。

 

ところが、それらのペダルが出すノイズが大きいと、かなりのレベルまでにゲートをかけることになってしまいます。もちろんそれでも、MC中などにしっかりと音を切っておくことはできますが、問題は演奏中。ギターの音を伸ばすと、音量が自然に下がっていきますが、ここにノイズゲートがかかっていると、ある一定の音量までさがると突然音が途切れる、いわゆる不自然で短いサステインとなってしまうことがあります。

 

ところが、このThe Utility Noise Gateは全く違います。

基本的な構造自体は多くのノイズゲートと変わりませんが、The Utility Noise Gateはエフェクトループを備えています。

これがどういうことか、というと、どうしてもノイズが出やすい、歪み系やコンプレッサーをエフェクトループに接続します。

ギターからの出力は、The Utility Noise Gateのインプットに接続します。

すると、The Utility Noise Gateははインプットに接続された信号を元に、ノイズゲートを働かせることができます。もちろん、ノイズゲートがかかる位置は歪みの後・・・つまり、ギターサウンドそのものが「音を出ていない」状況を見極めながら、歪みなどがどうしても出してしまうノイズをカットすることができる、ということです。

 

まさにこれこそ、パーフェクトなノイズゲートの形です。

ノイズゲート本来の力を、是非とも体感してください!

 

 

WMD The Utility Noise Gateの詳細はこちら