アンプの音量を落とすための新発想

JHS Pedals、続々と入荷中です!
少しずつ紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!

 

チューブアンプは、音量が大きいものです。

大音量でチューブアンプを弾いたときのあの歪みや音色はたまりませんが、

しかし、どうしても音量を落としたい、そんな時もあります。

 

アンプの音量を落とす場合、通常はアッテネー多という機器を使います。

パワーアンプとスピーカーの間に接続することで音量を落とし、ライン出力

などの機能もついていたりするのがこのアッテネーターです。

 

ただ、アッテネーターはけっこう大きいし価格もそれなりにします。それが

最良とは分かっていても、ちょっと音量を下げたい、というくらいなら買うかどうか迷ってしまいます。

 

そこで、JHSはエフェクトループを使って音量を下げる、シンプルなパッシブのアッテネーター風ペダルを作りました。

 

 

このペダルは、いわゆるアッテネーターではありませんが、アンプの音量を

下げるための小さな機器です。

エフェクトループに接続してノブで音量を調整。ただそれだけでプリアンプでの歪みはそのままに音量を落とせます。

エフェクトループはあるけれどマスターがないアンプには特にうれしい、

シンプルなペダルです。

 

 

 

Little Black Amp Boxの詳細はこちら