華麗なるビッグマフ系ファズ、勢揃い!その2

昨日に続き、多彩なビッグマフ系ファズペダルをご案内します。

 

今日はロシア製時代のビッグマフと、ビッグマフの発展系の1つとして有名なピート・コーニッシュ系のファズペダルです。


ロシアンマフ系ファズペダル90年代、ビッグマフはSovtekの名義でロシアで生産されていました。Sovtek以前にマイク・マシューズ名義のモデルが非常に短い期間だけ作られましたが、ビッグマフの名前がつけられたのはSovtekになってからです。大きく分けて3種類のモデルがあり、それぞれCivil War、アーミーグリーン、ブラックと呼ばれています。

 


Wren and Cuff Box of War

 

ロシア製のビッグマフ。それはElectro-Harmonixの1度の倒産でも折れなかった、マイク・マシューズ氏のたたえられるべき歴史です。

そんなロシアンマフの中で、Sovtek名義の最初のモデル、Civil Warと呼ばれる時代のビッグマフを再現したのこのBox of Warです。

 

レナンドカフにとって初めての完全オリジナル筐体を使い、ダークでハイゲインな当時のサウンドを完全再現。あの時代の音を作るため、パーツの選別から組み込みまで全てが丁寧に行われています。

同じくレナンドカフのロシアンマフ再現モデルです。

このモデルはCivil War期の後、アーミーグリーンカラーとなった有名なロシア製ビッグマフの初期モデルを再現。その時代のモデルはプリントのフォントが縦長だったため、Tall Fontと呼ばれています。

 

トライアングルマフを再現したTri-Pieと比べると、基本的な部分の回路は変わっていませんが、小さな違いを丁寧に再現しているのがよく分かります。

Mojo Hand Fxも、ロシア時代のビッグマフを再現しています。

当時のアーミーグリーンマフの持つ、倍音の豊かで分厚く、そしてディストーションよりなサウンドを基調に、さらに中域を調整できるMids、EQ設定を変えるスイッチを導入。より多彩で豊かな音作りに対応しています。

 

 

 

North Effectsからもロシアンマフを再現したペダルがあります。

アーミーグリーン時代のロシアンサウンドを作り出します。ただいま入荷待ちのため、内部写真を撮ることはできませんでしたが、装飾を最小限として音だけに最大限こだわり抜きました。

 

 

ピートコーニッシュのファズペダル

英国のエンジニア、ピートコーニッシュは、様々なアーティストのペダルボードをプロデュースすることで知られています。自身のブランドでもP-2やG-2というビッグマフ系ファズペダルがあり、デヴィッド・ギルモアを始め多くのトッププレイヤーの足下に置かれています。

ピートコーニッシュのペダルはあまりにも入手が難しいこともあり、その音を求めるプレイヤーのためにP-2やG-2の音を再現したモデルも作られています。

 

 

 

 

Toptone DraveGate DG-1

 

ブラジルのエフェクターブランド、Toptoneは、特にピートコーニッシュサウンドを作るペダルで知られています。

DG-1は究極のマフサウンドと言えるほど、ノイズレスで伸びやかなリード、轟音のような和音を作ることができます。

ピートコーニッシュで言えばP-2の音色に近く、その圧巻のサウンドで高い人気があるペダルです。

 

同じく、Toptoneのマフ系ファズです。

このファズは、ピートコーニッシュのG-2サウンドを作るペダルです。DG-1よりも少しゲインが低く、その代わりスムーズなトーンが特徴。知らなければ極上のオーバードライブかと思うようなトーンも得られます。

 

ペダルのデザインはもちろん、側面など全体的に美しい仕上がりです。

 

 

Skreddy P19

 

 

1979年に発売されて大ヒットした、Pink Floyd The Wallのサウンド。その音こそ、ピートコーニッシュP-2ではないかと言われています。

その音をエミュレートするためにつくられたのが、このP19です。

同じP-2サウンドのDG-1と比べると、少しですが毛羽立ち感が強いサウンドです。若干モダンよりなDG-1と、クラシックファズよりなP19というと分かりやすいでしょうか。

 

最高のマフサウンド。それぞれ求める物はあると思います。

だからこそ、こうして様々なペダルが作られているわけですね。

多くの名演を産み出した、伝説のファズ、ビッグマフ。その音はさらなる進化を持って受け継がれていくことでしょう。

明日はそんな、マフサウンドに独自の要素を詰め込んだペダルをご案内します。