2013年

5月

15日

Catalinbreadでブライアン・メイの音を作ってみよう

英国を、いや世界を代表するロックバンド、Queenのギターを手がける

ブライアン・メイ。

 

バンドだけでなくソロでも精力的な活動をしていて、その膨大な楽曲にはその何倍ものギターサウンドが収録されています。

 

ブライアン・メイは自作の機材なども多く使っているため、完全に同じ機材をそろえることはもちろん、全く同じ音を作るのはまさに至難の業と言えます。

 

しかし、単にリードトーンに絞って考えると、それなりに雰囲気を出して作ることはできます。

 

ブライアン・メイのギターは有名なレッド・スペシャルです。かなり変わったギターなのですが、ハムバッカーのギター、できればSGタイプのように

マホガニー単板ボディのものが似せやすいです。

 

そして、Catalinbreadの3つのペダルを用意します。

ブライアン・メイの機材を考えながら選択してみました。

 

 

 

 

Catalinbread Naga Viper

 

ブーストのレンジを調整し、ゲインも細かく設定できるブースターです。

あの有名なレンジマスターをベースにしています。

 

ブライアン・メイといえばレンジマスターですね。他にも多くのプレイヤーが使用していますが、どのギタリストもレンジマスターをそのままの形で使ってはおらず、自分の音色に合わせてモディファイをしたりしています。

 

Naga Viperは、ノブを回すだけでレンジマスターを基本とした様々な

モディファイサウンドに近い音が出せるため、いろいろなアーティストの音を作るには最適なペダルです。

 

 

 

 

 

Catalinbread CB30

そして、ブライアン・メイのアンプといえば言うまでもなくVox AC30です。そしてAC30のサウンドを作るエフェクターといえば、このCB30ですね。

 

彼はトップブーストではなくノーマルチャンネルを使います。

そのため、CB30側のセッティングではハイとローを抑え、ミッドを強めに出すことで雰囲気のあるサウンドが得られます。

 

 

 

 

Catalinbread Callisto

 

ブライアン・メイは他にも様々なエフェクトを使います。なのでコピーをするならその都度必要なエフェクトを追加する必要がありますが、中でも

ブライアン・メイ風の音を作る際に大切なのがこのコーラスエフェクトです。

 

ブライアン・メイはいろいろなギターの音を重ねて楽曲を練り上げ、ギターとはかけ離れた音も作ってしまいます。

 

しかしステージでそのまねをするのはあまりにも大変。そこで、複数の

トラックを重ね、ギターの音に厚みを持たせた音に近づけるため、

コーラスエフェクトで音を少し太くします。

 

 

そして、こんなセッティングを作ってみました。

アンプはZT Amp Lunchboxです。

Naga Viperはトレブルを強めに、ゲインは少し抑えてブーストを強く。

CB30はゲインを上げ目にして、トレブルとベースは下げます。

Callistoは、RateとWidthはあまり上げすぎず、ゆったりとした浅いコーラスを作ります。これを強めにミックスすることで、ギターに厚みを持たせた音を

作ることができます。

 

アンプやギターなどによって細かいセッティングは変わると思います。

Catalinbreadペダルはいろいろなアンプやヴィンテージペダルの音を元に

しながら、さらに現代的な使いやすさももっているので、こうしていろいろ

組み合わせて音を作るのもとても楽しめます。

狙ったとおりの音が作れた時はうれしい物です。

いろいろ挑戦してみてください!