スティーヴ・スティーヴンスがAmptweaker TightFuzzを使用!

 

マイケル・ジャクソンをはじめ数々の名アーティストと共演し、ビリー・アイドル・バンドやソロアーティストとしても活動する名ギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスがAmptweaker TightFuzzをオーダーしました!

 

 

TightFuzzは、ゲルマニウムトランジスタとシリコントランジスタの切替や、60s/70sサウンドの切替、歪みのエッジを鋭くするかスムーズにするかの切替に、ローエンドのコントロールノブを搭載するなど、多くのヴィンテージファズサウンドを1台で得られるペダルです。

 

さらに、ON/OFFに連動するエフェクトループにより、フレキシブルな使い方ができます。

 

ヴィンテージファズペダルの外観や機能をそのまま再現したペダルもとても魅力的ですが、TightFuzzほど現場で必要な機能をまとめたファズペダルもそうありません。

 

もちろん機能だけでなく、音もハイクオリティです!

 

 

スティーヴ・スティーヴンスのコメントです!

 

"I think the TightFuzz is exactly what I needed. Having the external loop for an eq pedal is SMART! Keep up the innovative work."

 

(TightFuzzは、本当に必要な物がそろっている。特にEQペダルを使うためのエフェクトループはスマートだ。これからも革新的な仕事を続けてほしい。)

 

Amptweakerのビルダー、James Brownは、モダンアンプの祖と呼ばれる伝説的なアンプビルダーとして活動し、EVHと共に5150を、ジョー・サトリアーニと共にJSXアンプを開発した実績を持ちます。

 

そして今、Amptweakerでも革新的なエフェクターを製作しています。

 

TightFuzzのエフェクトループにEQをセットするというのは素晴らしいアイディアですね。

 

他の歪みと違い、ファズにはファズに合う設定を作るため、エフェクトループにEQをセットして同時に切り替えられるようにしています。

 

 

 

ツアーやステージで活躍するファズペダル!

Amptweaker TightFuzzの詳細はこちら

 

 

また、ベース用の帯域に合わせ、クリーンミックスを追加した

Bass TightFuzzの詳細はこちら