COUNTRY YARD 速人さんのボードを修理しました!

普段からいろいろとお話をさせていただいている、COUNTRY YARD 速人さん(ブログ)がお使いのボードの修理を承りました。

速人さんはPulse ECシリーズのボードをお使いでしたが、プロのツアーで酷使するうちに、ボード面に貼ってあるフレンチパイル(マジックテープがそのまま付けられる布)がはがれてしまったということです。

こちらが本人お使いのボードです。ハードに使われていますが、外側は問題なく、ケースそのものの強さがよく分かります。

フレンチパイルは、速人さんの手ですべてはがされています。この状態では、板がむき出しになってしまうため、別途マジックテープを貼ろうとしても小さな凹凸によりしばらくするとはがれてしまいます。

非常に高い強度と品質のPulse製ボードですが、ハードな使用環境下ではこういったことは物理的にどうしようもありません。

今回は、Pulseさんに特別にお願いして、PECと同様の形にしていただきました。

そして、Pulseさんから戻ってきたのがこのボード。

外側は変わっていませんが、ボード面がPECシリーズと同じ、強度の高い板を2枚使用したタイプになりました。

美しい仕上がりです。

続いて、速人さんのご依頼により、One Control Hook & Loop(メス)を貼らせていただきました。

そして完成!

速人さんが喜んでくれることを願いつつ、お送りしました。

速人さんのブログにも載っている、速人さん最新ボードです!

右上にジャンクションボックスがあり、Mad Professor Royal Blue Overdrive、Leqtique Maestoso、Providence Final Booster、Subdecay Starlight Quantum Flanger、Strymon Time Line、KORG Pitchblack、そして、これらを制御するのがOne Control Chrocodile Tail Loop OC10です。

各ループは

LOOP1→MAD PROFESSOR Royal Blue Overdrive

LOOP2→内蔵buffer in

LOOP3→Leqtique Maestoso

LOOP4→Providence FINAL BOOSTER FBT-1

LOOP5→Subdecay Starlight Quantum Flanger

LOOP6→strymon timeline

のように設定されているということです。Royal Blueはバッファの前に設置されています。

さらにパッチケーブルにはLava Soldered Mini Plug Kit Right Angleです。

機材のセッティングや、Lavaケーブルの製作はご本人がおやりになりました。

とても機能的にまとまった、素晴らしいボードです。

速人さん、ありがとうございました!

※なお、申し訳ございませんが、Pulseさんのペダルボード本体の修理、およびマジックテープの貼付につきましては、通常はお受けいたしておりません。お使いのPulseボードについてのご相談は、お買い上げの際の保証書に記載の連絡先までお願いいたします。