話題のコンパクト・多機能・プログラムスイッチャー、Moen GEC8JR!

大変な反響をいただいております、多機能コンパクトなプログラマブルスイッチャー、Moen GEC8JR

実際のサイズ感や簡単な使い方をご案内します!

 

GEC8JRは、7ループとセパレートループを1つ、リモートスイッチを2つをまとめた、非常に多彩な機能のプログラマブルスイッチャーです。

・480(L) x 60(W) x 52(H) mmのコンパクトサイズ

・プログラムを即座に呼び出し可能

・リレートゥルーバイパスデザイン

・7つのシリーズループと1つのセパレートループを搭載

・ラッチタイプのリモートスイッチを2つ搭載

・セパレートループを3つ目のリモートスイッチとして使用可能

・スイッチング時のポップノイズを抑える、ポップ・キャンセレレーション・サーキット搭載

・TUNERスイッチで、即座にミュート可能

・4プリセット×6バンクの最大24種類のプリセットに対応

・スタンダードなセンターマイナス9VDCアダプタに対応(EPA-2000推奨)

・フットスイッチ間隔はスイッチングミスを防止する、余裕の70mm設計

Moenの他のプログラマブルスイッチャー、GEC9やGEC438と比べても、この小ささがよく分かります。幅は一番広いですが、奥行きのサイズが驚異的に小さいため、ボードで場所を取りません。

GEC8JRは、各ループとフットスイッチの状況をこの部分のインジケーターにまとめて表示します。

 

例えば、バンク1のプログラムAを読み込むと、このようになります。ディスプレイには1(バンク番号)が、ABCDのフットスイッチ部には選択中のプログラムのLEDが点灯し、そのときの各ループの状況(この場合はLoop4とFS1がON)を表示します。

 

バンクの切替は、右端のフットスイッチを使います。押すごとにバンクが1→2→3→4→5→6→1→2・・・と変わっていきます。

また、このスイッチを2秒以上長押しすることで、プログラムの設定を行えるようになります。

このように、ディスプレイにPの文字が表示されると、プログラムを行うProgramモードとなります。

また、このとき、各ループはフットスイッチを使って個別にON/OFFすることができますので、ダイレクトモードとしても使うことができます。このプログラムは元々Loop4がONになっていましたが、プログラムモード中にフットスイッチAとDを踏めば、写真のようにLoop1のみがONになります。このとき、単にインジケーターが変わるだけでなく、実際にループもその都度ON/OFFされています。

さらにフットスイッチBを押せば、Loop1と3がONになります。

ループを操作するフットスイッチは4つしかありませんが、プログラムモード中に右端のBANKスイッチを短く押すことで、ループを操作するフットスイッチを、Loop1~4と5~8で切り替えることが出来ます。この写真のように、ディスプレイのPが緑色になっていれば、Loop5~8を操作することができます。

また、Programモード中はディスプレイのPの色に関わらず、左のTスイッチを押すことで、FS1とFS2のフットスイッチを切り替えることができます。FS1/FS2がそれぞれ、OFF/OFF→ON/OFF→OFF/ON→ON/ON→OFF/OFF→ON/OFF・・・と変わっていきます。

そして、改めてBankスイッチを2秒以上長押しすることで、そのときの設定をそのまま、Programモードに入る際に選択していたプリセットに保存することができます。

プリセットの作成と保存、全てのプロセスはフットスイッチだけで行えます。

実際にボードに並べてみました。パッチケーブルは繋がっていませんが、Pedaltrain 2を使えばこのようなボードを組んで、それぞれのエフェクトのON/OFFを簡単に操作できます。セパレートループを使えば、ディレイをアンプのエフェクトループに入れて使うこともできますし、FS1とFS2を使ってアンプのチャンネル切替などを行うこともできます。

とても便利なプログラマブルスイッチャーです。全てのループはリレータイプのトゥルーバイパスで、本体にバッファは入っていませんので、BJF Bufferなど、お好みのバッファをお使いいただくこともできます!