EGO Electronic TM-2で自宅からライブまで、どこでも本格アンプトーンを!

台湾で多数のエフェクターを製作するEGO Electronic。様々なアンプサウンドを再現したTM-2は、Time Machine Dual Overdriveという名称のペダルです。

4種類のTM-2は、どれもアンプサウンドを基本に、クランチからディストーションまでを網羅するドライブペダルで、TM-2は、1つのペダルの中に2種類のアンプサウンドが入っています。

ノブやスイッチのコントロールは全モデル共通です。5つのノブはGain、Scoop、Treble、Presence、Volume。少し構成が変わっていますが、Presenceをトーンコントロールとし、Trebleで詳細な高域を、Scoopで中域の強調やカットを行います。

左右のトグルスイッチは、左がスピーカー径の大きさをシミュレートするDeepスイッチ、右がコンプレッションの強さを切り替えるCompスイッチです。

2つのフットスイッチは、右がペダル全体のON/OFF、左はチャンネルの切り替えで、クラシックなマーシャルプレキシアンプのクリーン~ローゲインクランチサウンドと、各モデルそれぞれがシミュレートするモダンハイゲインアンプのサウンドを切り替えます。

TM-2は、Blue、Purple、Red、Greyの4種類あり、それぞれ別のモダンハイゲインアンプサウンドが入っています。

Blue:XTCは、ハイエンドアンプの代表格、Bogner Ecstasyのサウンドです。

Purple:Rectifierはカリフォルニアの名アンプ、Mesa/Boogie Rectifierのサウンドです。

Red:OD Leadは、Suhrをはじめとするモダンでハイファイなサウンドで有名な、Custom Audio AmplificationのOD-100のサウンドをシミュレート!

そしてGrey:Bull。このペダルは、VHTの名機、そして現在はFryette Amplificationでも制作されるPitBullアンプのサウンドです。

ドイツ生まれのスーパーギタリストとして名高い、SuhrのエンドーサーでもあるMartin Miller氏も使用中!こちらからデモがご覧いただけます