HAWAIIAN6のグレさん、新ボード!

この間、HAWAIIAN6のグレさんから、エフェクトボードの写真が届きました!のブログでお見せした、HAWAIIAN6のベーシスト、グレさんのボードが新しくなりました!

こちらがその新ボードです!

ご本人から、ボードのペダルへのコメントをいただきましたので、載せさせていただきます。

fuzz(Amptweaker Bass Tight Fuzz

ファズという名前だけで片付けるのはもったいない

歪み系はこれ一台で幅広く使えます!

適度な歪みから豪快な歪みまでレンジが非常に広く、

スイッチ一つで歪みのキャラクターも変えられるとあって

直観的な操作ができる印象です。おもしろいです。

また、原音ミックスができるので、歪み系でありがちな

ローが損なわれる心配が全くありません。

ベースのよさを最大限に生かしながら、狙った歪みを

得られる、かゆいところに手が届くエフェクターです。

 

chorus(Catalinbread Callisto

こちらも原音ミックスができるため、コシのある音を

出すことができますので、アンサンブルにおいても

埋もれることなくしっかり存在感を発揮でき、重宝します。

揺らし方がここまで自由自在だと、ジャンル問わず

多くのシーンで使えると思います。

そして、ピックアップやギター/ベースのキャラを

活かして変化をつけることができるので、画一的に

ならないというところも非常に気に入っています。

 

comp(Mad Professor New forest Green Compressor

「えー!こんなにナチュラルなの?」と

思わず口に出してしまいました。

今までコンプというものに手を出していなかったので

無理やりキャラクターが変わるのではないか?と

変な先入観を持っていましたが、一瞬で払拭できました。

ウォームな感じの音も出せますし、「これかかってるの?」と

思わず言ってしまいそうなくらいクリアな音も出せます。

ベースで使用してもレンジのおいしいところはしっかりと

残してくれるので、これがナチュラルだと感じるひとつの

ポイントかと思います。

 

スイッチャー(One Control Iguana Tail Loop 2

最初見たときに、あまりのスリムさに感心してしまったほどです。

省スペースでボードを組みたい方は絶対選ぶべきだと思います。

非常に堅牢なボディでしっかりとしていますので、過酷な使用にも

耐えうると思いますし、安心して使うことができると思います。

スイッチに関しても適度な踏み応えがあり、きちんと感覚として

伝わってくるので、ここも安心できるポイントではないでしょうか。

また、スイッチを押下してからのレスポンスが非常に早く、

タイムラグに悩まされることもないです。

スリムだからと言って侮るなかれ、即戦力・実践派のスイッチャーです。

他に、前回ご紹介した際にも使われていた、CAJ IN and OUT、KORG Pitchblack、そして3Leaf Audio The ENABLERを。電源はOne Control Distroです!

グレさん、本当にありがとうございました!