COMEBACK MY DAUGHTERS、戸川琢磨さんのボードです!

7月に発売されたニューアルバム、Miraを引っさげたMira Release Tourを敢行中のCOMEBACK MY DAUGHTERSのベーシスト、戸川琢磨さんからペダルボードの写真をいただきました!

公式サイトでもちらっと写っていますが、それがこのボードです!

まず驚くのは、これがベーシスのボードだということだと思います。分かる方は即座に感じるものがあるのではないでしょうか。

ボード右側、無塗装のペダルはBYOC Large beaver、そしてWren and Cuff Tall Font RussianCatalinbread Montavgillian EchoCatalinbread EchoRecが続きます。そして次のOne Control Mosquite BlenderにつながっているのはなんとCatalinbread New Dirty Little Secretです!その左にはMaxon AD900があり、左下にDevi Ever Eye of Godがあります。これらを制御するのが、One Control Chrocodile Tail Loopです。

電源の供給はOne Control Distroが担当し、ボードの右上と左上にはそれぞれLeqtique MaestosoとCatalinbread WIIOが控えています。

ファズが3台、ディレイが3台。中でもTall Font Russianは最高だと言っていただけました。

そして謎のDLSとMosquite Blenderの組み合わせ。ギターならわかりますが、ベースで、このマーシャルサウンドのペダルをどう使っているのでしょうか。

少しバージョンが違いますが、試してみて分かりました。

ベースで使っても、とても気持ち良い歪みになります。ポイントはゲインを上げ、クリーンをブレンドすることですね。こうすることで、戸川さんの最もスタンダードな、厚みのあるベースサウンドになると思います。

このPVにもちらっとDLSが写っています。とても気に入っていただいているようで、嬉しい限りです。

戸川さん、本当にありがとうございました!