GEEKSのエンドウ.さんから、Granith Grey Boosterについてコメントをいただきました!

GEEKSのギタリストとして活躍し、エフェクターブランドBLACKENDのビルダーも務めるエンドウ.さんから、Granith Grey Boosterについてのコメントをいただきました!

Twitterでも公開されていますので、是非フォローしてみてください!

エフェクター・機材ブランドOne control様から届いた新作ブースター「Granith Grey Booster」を、昨日のGEEKSワンマンショウや先ほどの新宿アルタ前広場で早速使ったりしてみました。いやこれはスゴい(困)

くっそ低ノイズだしブースト感実はすごい強いし、アンプで音作るエンドウ.さんみたいなギタリストには最適すぎて、自分でもエフェクターブランドをやっている身としてはこれはけしからんブースターであると判断しました(妬)。

このブースターが1台あったら事足りちゃうじゃないですか。アンプのループに繋いでマスターボリュームにもなるって、アッテネーターも要らなくなっちゃうじゃない。そんでこんな小さいんですものね。ちょっとエンドウ.さんももっと頑張ってエフェクター設計したくなっちゃいました(がびーん)。

ちなみに銀色のがそのGranith Grey Booster。両脇の金色のがエンドウ.さん自作ペダルたち。左上のパワーサプライも自作。右上のチューナーはお馴染み市販品。

 

ということです。エンドウ.さん、ありがとうございました!

ご自身もプロのビルダーとしてブースターを制作されているエンドウ.さん。BLACKEND VOLCANOGranith Grey Boosterはどのように違うのでしょうか。

それぞれ1ノブのシンプルなクリーンブースターです。

しかし作りや設計思想は違っています。

Granith Grey Boosterは、とにかくナチュラルに、余計な音の変化をなくしつつ、必要十分なゲインを作るためのブースターです。

一方、VOLCANOはローミッドを強めに出しつつ、ガツンとしたブーストを作り出すブースターです。

Granith Grey Boosterが、ノブ12時あたりでユニティゲイン(ON/OFFで音量差のないレベル)になるのに対し、VOLCANOは最小の設定がユニティゲインとなるよう設計されています。ユニティゲインでのサウンドはとちらも遜色なく、音を伸ばしている途中でONにしても音が変わりません。

ブーストしていくと音の違いが見えてきます。Granith Grey Boosterは非常にレンジが広く、気持ち倍音成分が強くなるため、歪みに合わせるととても気持ちのよいサウンドが得られます。音はそれほど変わっていないのに、歪をかけると音が厚くなるような特性はGranith Grey Boosterならでは。対してVOLCANOはローミッドを強くするため音の腰が強くなり、どっしりとした安定感と爆発するようなアタックの強さが得られます。激しくブースターらしいサウンドが欲しければまさに最適なペダルといえます。

それぞれ特性が違いますので、どちらが必要かはそれぞれ。どちらも素晴らしいペダルです。お好みのブースターを是非ゲットしてください!