究極のフィルターペダルとは?Sonuus Wahooの可能性!プリセット制作編!

圧巻の機能性、強力なサウンドを実現するSonuus Wahoo基本操作の次は、プリセットの操作についてご案内します。基本操作編も合わせて御覧ください。

「ファクトリープリセットの選択」にあるとおり、▲・▼ボタンを使えばプリセットの選択ができます。

Wahooには、それとは別にフットスイッチとフットペダルを使ってプリセットを変更することもできます。

これはライブ等で、かがんで操作することなく足だけでプリセットを変更したい場合に便利です。

フットスイッチとフットペダルによるプリセット選択

フットスイッチを、LEDが点滅するまで押し続け、フットオペレーテッドプリセットセレクションモードへと入ります。

デフォルトでは2秒間の長押しに設定されていますが、カスタムパラメータで、長押しの時間を設定することも出来ます。

LEDが点滅している時、プリセットナンバーの高いプリセットを選択する場合、フットペダルを奥に踏み込みます。すると▲ボタンのLEDが点滅します。フットスイッチを押すことでプリセットナンバーが上がり、そのプリセットを選択できます。

プリセットナンバーを下げたい場合は、ペダルを手前に戻します。すると▼ボタンのLEDが点滅します。フットスイッチを押すことでプリセットナンバーが下がり、そのプリセットを選択できます。

プリセットは即座に切り替わり、プレイすることができますが、フットオペレーテッドプリセットセレクションモードのままだとエフェクトのON/OFF操作ができなくなります。

そのため、プリセットを選択したら、最初と同じようにフットスイッチを長押しして、フットオペレーテッドプリセットセレクションモードを終了させてください。

フットペダルがエフェクトON/OFFモード時のプリセット選択

フットペダルがエフェクトON/OFFモード(カスタムパラメータP.Enをo.Lo、またはo.hiにした場合。27ページを参照)の場合、また違った方法により、足でプリセットの選択ができます。

この場合、フットペダルでエフェクトのON/OFF切替を行い、フットスイッチでプリセットを選択します。

この時、▲・▼どちらかのLEDが点滅しており、フットスイッチを押した際に点滅している方向にプリセットが変わります。

フットスイッチを長押し(デフォルトでは2秒間)することで、プリセットの変わる方向を切り替えることができます。

※フットオペレーテッドプリセットセレクションモードでは、プリセットは1つずつしか変えることが出来ません。(▲・▼ボタンのように10ずつプリセットを飛ばすことができません。)そのため、実際にライブ等でお使いになる際は、ご使用になるプリセットを近い番号に保存しておくことをおすすめします。

また、フットオペレーテッドプリセットセレクションモード中も▲・▼ボタン自体は使うことができますので、必要であれば▲・▼ボタンを長押しして10ずつプリセットを飛ばすことも可能です。

プリセットを作る

ahooは、100種類までのユーザープリセットを保存できます。保存方法は以下の通りです。

ユーザープリセットの作成

まず、バックパネルのLOCKスイッチがアンロックポジションになっていることを確認します。お好みのプリセットを選択し、Level、Filter、Mode等で保存したい設定を作ります。各ノブの設定についてはこのマニュアルの後半で述べます。

プリセットを保存します。まずSaveボタンを押し、▲・▼ボタンで保存したいプリセットナンバー(P00~P99)を選択します。選択したプリセットに古いプリセットが保存されている場合、プリセットナンバーとこれまで保存されているプリセット名が交互に点滅します。保存したいプリセットナンバーが決まったら、もう一度Saveボタンを押します。

そして、保存したプリセットに、3文字までのプリセット名を入力することができます。

3つのノブのどれかを動かすことで、A~Z、0~9の文字が選択できます。ノブをプッシュすれば次の文字を選択できます。最後に、もう1度Saveボタンを押すことで、プリセットの保存が完了します。保存処理の進行中はSaveボタンのLEDが点滅します。プリセットの保存を途中でキャンセルする場合は、最後のSaveボタンを押す前に、Saveボタンを2秒以上長押ししてください。

パラメータの選択と変更

Wahooは、Level、Filter、Modeの3つのノブのどれかを動かすか、またはFilterボタンをプッシュすると、自動的にプリセットエディットモードに入ります。(バックパネルのLOCKスイッチがアンロックポジションになっている場合。)

現在編集中のパラメータはLEDの点滅で確認でき、パラメータの値はディスプレイに表示されます。ノブをプッシュすることで、設定するパラメータを変更することができます。

例えば、LevelノブはDrive、Filt mix 1/2、Dry/Wet、Outputのパラメータを調整できます。設定するパラメータは、ノブの隣にあるラベルとLEDで確認できます。

設定が完了したら、その設定をプリセットに保存できます。

パラメータの中には、さらにサブパラメータを持つものがあります。その場合、▲・▼ボタンのLEDが点滅しますので、▲・▼ボタンで設定したいサブパラメータを選択できます。現在選択されているサブパラメータはディスプレイに表示されます。対応するノブを回せば、サブパラメータの設定を変更できます。

全てのフィルターパラメータは、Wahooの2つのフィルターそれぞれに独立して設定できます。パラメータを設定したいフィルタを切り替えるのはFilterボタンを使用します。

現在選択されているフィルターはLEDで表示されます。

このように、Wahooは様々な方法でプリセットの保存ができます。