話題のSimble Pedalが遂に入荷しました!

1月のNAMM SHOWでの発表以来、話題になったあのペダルが遂に入荷しました!

Simble Pedalはアンプの魔術師と呼ばれ、またヘリコプターメカニックも務めるLassi Ukkonen(ラッシ・ウッコネン)が、トーンワールドに持ち込んだシークレットウェポンです。

ラッシは、世界中のアンプのリペアや改造などを手がけるTriodipajaの代表で、ギターアンプの音色を知り尽くしています。最高のアンプサウンドをペダルで実現することを目標にペダルを開発しました。

 

Simble Pedalはすでにエフェクター界で世界的な名声のあるMad Professorにより制作、販売されます。

ハイクオリティな質感と音色をお楽しみください。

Simble Overdriveは、世界でも最高峰と讃えられるアンプが持つ、ナチュラルでオーガニックなトーン、圧倒的なタッチセンシティビティ、甘い真空管ならではのコンプレッションを持ち、インスピレーションを刺激する音色をペダルの中に詰め込みました。

クリーンブーストとしても使うことのできるナチュラルなサウンドをはじめ、“on the edge"クランチサウンド、そしてスウィートに歌うようなオーバードライブまで。ギターの持つトーンそのものの特徴を変えることもありません。

このペダルの開発に先駆け、ラッシはあるアンプの調査を始めます。

オリジナル、ダンブルアンプ。このアンプを実際に手に取り、音色だけでなく細部の構造に至るまで全てを理解したラッシ・ウッコネンが制作したのが、Simble Overdriveです。

言うまでもなく、このペダルは“Dumble in a Box”。

Simble Overdriveの圧巻のワイドレンジにより、シングルコイルピックアップでもハムバッカーでも、さらにベースでさえも完璧に動作します。

Please try the Simble, you’ll be smiling in minutes!

・コントロール

Sensitivity:歪みの強さとコンプレッションを調整します。Tweedアンプのクリーンから始まり、12時あたりではBlackfaceのドライブに届き、さらにフルアップにするとビッグマフの領域にまで踏み込みます。また、Simble Overdriveのゲインはギターのボリュームを使ってコントロールすることもできます。

Level:アウトプットレベルです。

Accent:ピックアタックとブライトネスの調整です。エフェクトの歪み回路に入る前のシグナルをコントロールすることが出来ます。このノブを最小にすれば一切の影響を与えません。このコントロールはDumbleアンプにあるRock/Jazzスイッチのように使うことができます。さらに、このノブを最大付近にすればMiddle-Boostスイッチのようにお使いいただけます。Simble OverdriveのAccentコントロールとDumbleアンプのスイッチとの違いは、Simble Overdriveの方がより多彩な音色を作ることができる、ということです。無断階に様々なセッティングを調整することで、自分だけのトーンを見つけてみてください。

Contour:アウトプットのブライトネスを調整します。エフェクトの歪み回路の後の倍音成分のバランスをコントロールすることができます。

Simble Overdriveはスタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプター、および9Vバッテリーで動作します。


各ノブの調整範囲を高め、より幅広い音色調整ができるように設計されています。そのため、全てのノブを高く設定すると、発振する場合がございますが、仕様上のものです。発振した場合、どれか1つのノブを下げれば発振は止まります。
また、Accentノブは小さなトランジスタアンプなどでも十分な歪みを得られるように作られています。そのため、特に3時以降に設定すると、小音量ですが常時発振する場合がございます。
大きなアンプで鳴らす場合などにはAccentを高くしすぎないよう注意してください。