驚異的、究極のコーラス・ヴィブラート!Chase Bliss Audio Warped Vinyl取扱開始!

新しいブランドの取扱を始めました!

Chase Bliss Audioは、アメリカ、ミネソタ州ミネアポリスにてプロダクトを設計、制作しています。特に、オーディオシグナルが通過する部分はトップグレードのコンポーネンツを用いて作られています。筐体へのスルーホールやアセンブリは全て手作業で行われます。

Chase Bliss Audioの目標は、オリジナルでクリエイティブなアナログデザインとデジタルコントロールを組み合わせ、全く新しい世界を作ることです。Chase Bliss Audioのプロダクトは、少し個性的かもしれません。普通のストンプボックスでは満足できないプレイヤーに、そしてこだわり高きプレイヤーのために作られています。

そのために、あえてコストがかかると分かりながらもUSAにてハンドメイドを貫いています。

また、オーディオシグナルは完全にアナログのままであることを求めながら、同時に幅広く、しかも細かなパラメータ調整を必要とする、ある種クレイジーなプレイヤーのため、Chase Bliss Audioはデジタルコントロールを組み合わせました。

・Chase Bliss Audioの歴史(ショートストーリー)

「これはどうなっているの?」2003年、私は紫色のストラトキャスターをチープなペダルとアンプにつないでかき鳴らしながら、その言葉がずっと頭のなかを回っていました。当時、私は機材の仕組みなどについては何も知りませんでした。

その答えを探すために大学に行き、電気工学を専攻し、特にオーディオアプリケーションについて学びました。

2007年、私の弟のChase Korteが、飲酒による無謀運転のドライバーの犠牲になりました。それを忘れようとするように、私はがむしゃらに働きました。Chaseの人生の哲学はジョセフ・キャンベルの「Follow Your Bliss」という言葉で形作られていました。私は4年間、とある有名なブティックギターエフェクトブランドで働き、エフェクターについて多くのことを学びました。

2013年、私は独立しました。会社の名前は弟のChaseと、彼の人生を忘れないよう、Chase Bliss Audioと名付けることに決めました。

Joel Korte

 

Chase Bliss Audio Warped Vinylの、どろりと濃厚なアナログサウンド。その音色はまるで、Warped Vinylの由来にもなった、ぐにゃぐにゃに歪んだアナログレコードのようです。

アナログレコードの場合は、針がレコードの表面を擦り、その振動がアナログのまま音に変わります。Chase Bliss Audio Warped Vinylも、入力信号は完全にアナログのまま出力されます。しかし、全てのノブは小さなデジタルブレイン(マイクロプロセッサ)へと接続され、アナログエフェクトの制御を行います。

ギターシグナルは一切のデジタルプロセッサを通ること無く、一切デジタル化されず、最後までアナログ信号のまま出力されます。

デジタルの力を借りたエフェクトの制御が、アナログエフェクターではあり得なかった、今まで聞いたこともないような効果を生み出すのです。

 

 

●コントロール

RAMP:簡単に言えば、これは魔法のノブです。このノブは、 他の5つのコントロール(VOLUME、MIX、RPM、DEPTH、WARP)を個別に、または自由に組み合わせてアサインすることができます。アサインは、背面のDIPスイッチを使って設定します。

何もアサインしていない状態(出荷状態)では、RampコントロールはエフェクトをONにしてからヴィブラートがかかるまでのフェードインの時間(Ramp Time)を設定します。曲中にONにした際に、自然なエフェクトのかかりを実現します。

VOLUME:エフェクトレベルの設定です。Warped Vinylは広大なヘッドルームを持ち、強いブーストが可能です。ブースト回路は内部で18Vに昇圧されています。

また、このノブはRAMPコントロール、またはエクスプレッションペダルで操作することができます。エクスプレッションペダルを使用すれば、ヴォリュームペダルのような使い方も可能です。Warped Vinylのヴォリュームセクションはハイファイセットアップのオーディオフォングレードの音量調整と同等のものです。

MIX:完全なウェットから完全なドライまで設定できる、ウェットとドライのバランス調整ノブです。中央付近ではスムーズなコーラスサウンドに、右に回せばヴィブラートへと近づきます。フルスペクトルのドライシグナルと比較すれば、ヴィブラートシグナルは若干ダークな音色なので、楽曲のトーンを調整するような使い方もできます。

RPM:コーラス/ヴィブラートのスピードを調整します。このノブの設定は、タップテンポで上書きできます。

1-2-4(3-6-8)スイッチ:タップテンポの入力に対し、実際に設定されるテンポの倍率を切替えます。通常は1倍、2倍、4倍の切替ですが、背面のDIPスイッチにより、3倍、6倍、8倍に設定することもできます。

DEPTH:ヴィブラートの揺れ幅を調整します。高く設定すれば強烈なピッチヴィブラートになります。

WARP:このコントロールは、モジュレーションのセンターポイントを設定します。左に回すと、波形は素早くランプアップし、ゆっくりとランプダウンします。右に回せばランプアップの時間が遅くなり、ランプダウンの時間が早くなります。中央では対称の波形になります。

波形切り替えスイッチ(左側):ランプアップ時の波形を、サインウェーブ、トライアングルウェーブ、スクエアウェーブから切替えます。

波形切り替えスイッチ(右側):ランプダウン時の波形を、サインウェーブ、トライアングルウェーブ、スクエアウェーブから切替えます。

DEPTH、WARPと2つの波形切り替えスイッチを合わせて、ModuShapeエンジンと言います。モジュレーションシェイプのコントロールに新たな世界を切り拓きます。

Bypassフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えます。背面のDIPスイッチで、モメンタリースイッチ(踏んでいる間だけエフェクトON)とすることができます。

Tapフットスイッチ:ヴィブラートのスピードをタップテンポで設定できます。ここで設定されるテンポは、常に最後の回のタップとなります。背面のDIPスイッチにより、Ramp Timeの設定にタップスイッチを使うこともできます。

手前のトグルスイッチ:プリセット選択スイッチです。右ポジションと左ポジションで、それぞれ1つずつプリセットを呼び出します。中央ではマニュアル設定となります。中央のLEDは、右ポジションでは赤、左ポジションでは緑、中央では消灯します。

プリセットできる設定は、各ノブの位置、トグルスイッチ、背面DIPスイッチです。プリセットの保存には、右ポジションのプリセットの場合は右側のフットスイッチを、左ポジションの場合は左側のフットスイッチを3秒間長押しし、その後両方のフットスイッチを3秒間長押しすることで可能です。

●入出力端子

IN:インプレットジャックです。楽器からのケーブルを接続します。

OUT:アウトプット・ジャックです。アンプへのケーブルを接続します。

EXP:エクスプレッションペダル端子です。ステレオジャックです。エクスプレッションペダルにアサインされるコントロールは背面のDIPスイッチで設定できます。

TAP:タップテンポの入出力を行うステレオジャックです。外部タップテンポの入力、またはWarped Vinylのタップテンポを外部に出力できます。MIDIアダプターTRSケーブルを使えば、Empress EffectsのMidiboxを用いてMIDIクロックとシンクロすることもできます。

●DIPスイッチ

Warped Vinyl背面にあるDIPスイッチは、主にエクスプレッションペダルとRampノブにアサインする設定をはじめ、細かな動作モードの設定を行います。

16のDIPスイッチの左半分は画像の上段、右半分は下段にあたります。プリセットをセーブした際、DIPスイッチの位置も全て保存されます。エクスプレッションペダルが接続されると、RampノブにはRamp Time以外のパラメータはアサインされません。

Volume・Mix・RPM・Depth・Warp(左側):ON側にすることで、エクスプレッションペダルとRampノブに各パラメータをアサインできます。

Volume・Mix・RPM・Depth・Warp(右側):これらのスイッチは、Rampノブを右に回した際、パラメータが上がるか下がるかを設定するスイッチです。同様にエクスプレッションペダルの動きに対するパラメータの動きも設定できます。

Bounce:このスイッチがONで、またエクスプレッションペダルが接続されていない時、各パラメータ値を変動させることができます。

Lo-Fi:ONにすると、ローファイサウンドを出力できます。

MoByp:モメンタリーバイパスの設定です。ONにするとBypassフットスイッチを踏んでいる間だけ、エフェクトがONになります。

Top Control:“r”の位置ではRamp Time、“v”の位置ではヴィブラートのスピードをタップテンポで設定します。

Tap Division:1-2-4(3-6-8)スイッチのモードを設定します。“3”の位置では、このスイッチにより実際に設定されれうテンポがタップ入力の3倍、6倍、8倍から選択できるようになります。