フットスイッチをまとめて操作をスムースに!世界最小のシンプルなトゥルーバイパスエフェクトループ、IguanaとXenagama。One Controlスイッチャーキャンペーン対象です!

プログラム「不要」なプレイヤーの方へ。プログラマブルだけがスイッチャーではありません。Iguana Tail Loop 2Xenagama Tail Loop 2は、どちらも革新的な世界最小のノンプログラマブルスイッチャーです。

そのサイズはこの通り。小さいと評判のOne Controlエフェクターと比べてもこれだけのサイズ感です。

全てパッシブループで作られ、LEDの駆動と各ループ、チューナーへの電源供給用にのみアダプタを使うことで、スイッチャーとパワーサプライを同時にこなす柔軟な性能!

ただいま、One Controlのスイッチャーに、便利なパッチケーブルキットが付属するキャンペーンを開催中!

スイッチャーを導入するとどうしても必要になるパッチケーブルが、今ならもらえます!

しかも様々なシステムに対応できるフレキシブルなCrocTeethキットです!


   

 

Iguana Tail Loop 2は直列5ループのトゥルーバイパススイッチャーで、各ループを個別にON/OFF可能。さらにチューナーアウトとミュートスイッチがあります。本体は完全にパッシブで動作しますが、LEDの点灯のためにアダプターが必要となります。

しかし、ただそのためだけにアダプターを用意するのはもったいないので、Iguana Tail Loop 2には5つのエフェクトループとチューナー、合計6つのペダルに電源供給が可能。LEDの点灯に入力されたアダプタの電源を分岐させ、エフェクトループ内のペダルやチューナーにまとめて電源を供給するパワーサプライとしてもお使いいただけるので、ボード内のスペースを有効にご使用いただけます。

Xenagama Tail Loop 2は、直列3ループのトゥルーバイパススイッチャーで、チューナーアウトやミュートスイッチ、そして4つのDC Outを搭載。Iguana Tail Loop 2同様、ループ内のペダルの電源供給とスイッチON/OFFを一括管理できます。

世界最小!電源供給機能搭載 5Loopトゥルーバイパススイッチャー!(*)
チューナーアウト、6つのDC Outを装備し、高い使い勝手を実現!

サイズ:
376Wx37Dx32H mm(突起含まず)
376Wx41Dx46H mm(突起含む)
重量:およそ460g

・エフェクターのスイッチングをサポート
・ボード全体の操作性を上げ、複雑な動作を軽減
・電源供給もこれ1台(最大6台まで、9VDC電源のみ)
・スイッチをまとめることで、トラブルの可能性を低減
・ヴィンテージエフェクター等をトゥルーバイパスとして使用可能
・エフェクターボードを美しく整理


エフェクターボードの使い勝手を高め、操作性を上げるためのスイッチャーが一番場所を取ってしまっては意味がありません。
One Control Iguana Tail Loop2は、圧倒的なコンパクトさで、ペダルボードの使い勝手を驚異的に飛躍させることができます。

Iguana Tail Loop 2なら、ペダルボードの中で場所を取ることなく、ペダルボード本来のスペースを無駄にしません。
特に奥行きが世界最小(*)の約41mmという省スペースを実現。ボードの中でスイッチャーが場所を取らないので、これまで通りのセッティングに、簡単にスイッチャーを追加することができます。

小さいからといって、機能性や操作性に妥協はありません。例えばボード上に2段で配置されたエフェクターのスイッチングを全て手前にまとめ、さらに5台のエフェクターとペダルチューナーの全てに電源を供給することも可能。
意外と場所を取ってしまう電源関係も、このスイッチャーなら1台で対応できます。

もちろん、ただ何でも「付けただけ」ではありません。
ボード上の這うケーブルがエフェクター本体の上にかぶらないよう、全てのジャックは低い位置に設置され、場所を取る奥行きを最小限まで小型化しながら、横幅は操作性を重視したサイズを決定。これだけの省スペースながら、フットスイッチの間は多くのプレイヤーからのリサーチにより52mmと余裕を持たせているので、踏み間違いなどのトラブルも軽減しています。

さらに、460gという超軽量を実現。一般的なコンパクトエフェクターと大差のない重さなので、持ち運びも苦になりません。

全てがエフェクターを使うプレイヤーのために設計されています。

また、1つのループに複数のエフェクターを接続すれば、フットスイッチ1つでループ内のエフェクターを一括で操作できます。

Iguana Tail Loop 2のスイッチは全てトゥルーバイパスとなっているので、ヴィンテージエフェクターなどの、どうしてもバイパス時に音が変わってしまうペダルも、トゥルーバイパスとして使用可能です。

チューナーアウトを装備しているため、システムからチューナーを完全に独立させることが出来ます。ループのペダルだけでなく、チューナーにも電源供給が可能。
また、チューナーを接続していなくても、右側のTUNERスイッチはミュートスイッチとして使用できるので、2本のギターを切り替える際や、楽曲中、絶対に音を出したくない時などに役立ちます。

One Control Iguana Tail Loop 2で、エフェクターボード本来の使いやすさを取り戻してください。


*2013年8月時点

世界最小!電源供給機能搭載 3Loopトゥルーバイパススイッチャー!(*)
チューナーアウト、4つのDC Outを装備し、高い使い勝手を実現!

サイズ:
244Wx37Dx32H mm(突起含まず)
244Wx41Dx46H mm(突起含む)
重量:およそ320g

・エフェクターのスイッチングをサポート
・ボード全体の操作性を上げ、複雑な動作を軽減
・電源供給もこれ1台(最大4台まで、9VDC電源のみ)
・スイッチをまとめることで、トラブルの可能性を低減
・ヴィンテージエフェクター等をトゥルーバイパスとして使用可能
・エフェクターボードを美しく整理


エフェクターボードの使い勝手を高め、操作性を上げるためのスイッチャーが一番場所を取ってしまっては意味がありません。
One Control Xenagama Tail Loop2は、圧倒的なコンパクトさで、ペダルボードの使い勝手を驚異的に飛躍させることができます。

Xenagama Tail Loop 2なら、ペダルボードの中で場所を取ることなく、ペダルボード本来のスペースを無駄にしません。
特に奥行きが世界最小(*)の約41mmという省スペースを実現。ボードの中でスイッチャーが場所を取らないので、これまで通りのセッティングに、簡単にスイッチャーを追加することができます。

小さいからといって、機能性や操作性に妥協はありません。例えばボード上に2段で配置されたエフェクターのスイッチングを全て手前にまとめ、さらに3台のエフェクターとペダルチューナーの全てに電源を供給することも可能。
意外と場所を取ってしまう電源関係も、このスイッチャーなら1台で対応できます。

もちろん、ただ何でも「付けただけ」ではありません。
ボード上の這うケーブルがエフェクター本体の上にかぶらないよう、全てのジャックは低い位置に設置され、場所を取る奥行きを最小限まで小型化しながら、横幅は操作性を重視したサイズを決定。これだけの省スペースながら、フットスイッチの間は多くのプレイヤーからのリサーチにより52mmと余裕を持たせているので、踏み間違いなどのトラブルも軽減しています。

さらに、320gという超軽量を実現。一般的なコンパクトエフェクターと大差のない重さなので、持ち運びも苦になりません。

全てがエフェクターを使うプレイヤーのために設計されています。

また、1つのループに複数のエフェクターを接続すれば、フットスイッチ1つでループ内のエフェクターを一括で操作できます。

Xenagama Tail Loop 2のスイッチは全てトゥルーバイパスとなっているので、ヴィンテージエフェクターなどの、どうしてもバイパス時に音が変わってしまうペダルも、トゥルーバイパスとして使用可能です。

チューナーアウトを装備しているため、システムからチューナーを完全に独立させることが出来ます。ループのペダルだけでなく、チューナーにも電源供給が可能。
また、チューナーを接続していなくても、右側のTUNERスイッチはミュートスイッチとして使用できるので、2本のギターを切り替える際や、楽曲中、絶対に音を出したくない時などに役立ちます。

One Control Xenagama Tail Loop 2で、エフェクターボード本来の使いやすさを取り戻してください。


*2013年8月時点