これぞ最強のノイズペダル!?4ms Pedals CV Max Tweaker Swash!

究極のノイズペダルとは。その答えは、最高のギターよりも多いのかもしれません。

たくさんのノブを動かして、アナログで様々な音を出す。ファズとして使うことも、ノイズマシンとしても動作し、その両方で最高峰の音を出す。あくまでもシンセではなくペダルとして使える。そこまでいけば、4ms Pedals CV Max Tweaker Swashは間違いなくそのターゲットです。

ご覧のとおりのコントロール。設定が大変そう?実は覚えれば意外と使いやすいです。

その上、感覚の赴くままにうごかせばさらに芸術的なトーンが飛び出す。いじっているうちに曲が完成する。それがノイズスウォッシュです。

●搭載するコントロール
(ノブの表記は本体のデザインに合わせ、個体ごとに異なる場合がございます。)
・Swash:ノイズ回路の心臓部のスウィートスポット
・Noisegait:ミュージックノイズフローコントロール
・Pregain:ファーストステージのゲイン
・Preclip:セカンドステージのダイオードクリップ選択
・Postgain:サードステージのゲイン
・Postclip:サードステージのダイオードクリップ選択
・Bass:ローエンドのランブル
・Low Power:電池残量の低い状態をシミュレート
・Self-oscillations:内部フィードバックのレベル
・Self-osc switch:自己発振のON/OFF
・Volume:全体の音量
・LFO:LFOスピードを設定し、ノイズキャラクターをリズミックにコントロール
・LFO on/off:LFOモジュレーションのON/OFF
・Tame/Trouble:バイパス時に音漏れのするクラシックSwash(Trouble)とバイパス時に音漏れをカットするモードの選択
・Noise vol:ノイズシグナルと発振音のゲイン設定(Volumeノブの前に設置)
・Clean vol:クリーンシグナルの音量

ノイズマシン、発振ファズ、リズミックトレモロ、リズムシンセ……多様な要素が絡み合い、圧倒的な世界観を生み出す圧巻のペダル、Noish Swash。

4msの名前が一躍世界に知られるようになったそのペダルは進化を重ね、さらなる多様性を身につけました。

4ms Pedals CV Max Tweaker Swash。ずらりと並んだコントロールノブとスイッチの数々が生み出すサウンドはこのペダルでしかあり得ない圧巻のトーンです。

音の壁を作り出すような轟音ファズからノイズを撒き散らす強烈なノイズマシン、サイレンのように唸ったかと思えばファズベースがリズムを刻むような規則的な音をも作ります。

さらに新しくなったCV Max Tweaker Swashは、CV In/Out端子を搭載。セミモジュラーシンセとしてCVシグナルの入出力に対応しました。CVシグナルが入力されれば、LEDがそれを表示します。

※筐体のデザインは個体により異なります。

また、新しくなったNoise Swashではインプットとアウトプットの位置も新しくなりました。以前のモデルは筐体自体にかなりの厚みがありましたが、ここに端子を載せたことで一般的なコンパクトペダルと同等の高さを実現。

実際に接続してみても、邪魔にはなりません。