良いギターと良いアンプ、次は良いエフェクターだ!こだわるプレイヤーのためのGAS FX Drive Thru!

ギターにこだわり、アンプにこだわるギタリストが最後に必要とするあとひと押し。ただの味気ないブースターでもなく、音を大きく変えてしまうディストーションでもない。個性を押し出すこと無く、かといって無個性ではなく。音をきちんと前に出し、主役のギターとアンプを引き立てつつ、このペダルにしかないキャラクターを持ち合わせる。

全てのレベルが最上級。こだわりのエフェクター!

GAS FX Drive Thruは、暖かなクリーンブーストからクランチなオーバードライブサウンドまでを作ります。Gain、Tone、Volumeコントロールは、それぞれワイドレンジな設定ができ、ノブの可変域全体にわたり、細かくトーンを構築することができます。
また、Drive ThruにはGeとSiの2つのオペレーティングモードがあり、ゲルマニウムとシリコンのサウンドを切替えられます。

Ge(ゲルマニウム)セッティングでは、より甘く分厚く、そしてミッドレンジがテクスチャーされる音色が得られます。クリーンアンプよりも軽く歪ませたアンプに最適なモードで、アンプにさらなるキックが欲しい時には最高です。また、さらなるドライブを得るための暖かなクリーンブーストも可能です。

Si(シリコン)セッティングでも、クリーンブーストが可能です。そしてゲインを上げれば、よりドライブしたクランチが得られます。Siモードでは、小音量のアンプなどでプッシュしたバルブアンプのサステインやフィールが必要な時に有効です。このモードでは、ToneコントロールはTweedやPlexiアンプのPresenceのように作用します。ミッドは軽く削られ、クラスABアンプのようなトーンになります。Geモードでは対照的に、クラスAアンプのような音色となります。

●WHY ME MADE IT
多くのギタリストは、歪ませたバルブアンプに直接ギターを接続するセッティングを好みます。しかし、残念ながら常に気持ちのよい歪みが得られるように、十分なゲインと音量でアンプを設定することはできませんし、そもそも良いバルブアンプをいつでも使えるわけではありません。最高の音色をアンプ直結で作るには、常にアンプのセッティングとギター、そして指先のバランスが完璧に合わさり、トーンやサステイン、タッチダイナミクスを作るのです。

そのジレンマを解消するためにオーバードライブが使われてきました。Drive Thruは、クランクアップしたバルブアンプの音色をどんな音量でも、そのフィールやトーンを失わずに得られます。Drive Thruを使えば、トーンがよりクリーンに、ジューシーに、そして以前よりも“生きた”音色となることに気づくでしょう。

●WHAT MAKES IT SPECIAL
GAS FX Drive Thruには、どこにも秘密や魔法はありません。ただオーバードライブペダルを作るだけですが、そこには多くの方法があります。Drive Thruのトーンを生み出す鍵は、まさにその“作り方”そのものにあります。

ハイエンドなギター、ハンドワウンドのピックアップ、そしてキラーアンプ・・・そこに惜しみない投資するギタリストが、なぜチープなコンポーネンツがPCBにマウントされたファクトリーメイドのオーバードライブを使わなければならないのでしょうか。そこが弱点になるのは明らかです。

全てのDrive Thruは、クラシックブリティッシュアンプのように、カスタムメイドのタレットボードにハイクオリティなコンポーネンツを組み込んでいます。GAS FXではカーボンコンポジットレジスター、ペーパーオイルキャパシタやシルバーマイカキャパシタ、そしてクリッピングダイオードにはGAS FXならではのスペシャルカクテルを。全てのコンポーネンツとOp Ampはリスニングテストを重ねて丁寧に厳選したものだけを使用しています。例えば、仮に同じ型番のダイオードを載せたとしても、個体差が音に表れます。これは、GAS FXがこだわりぬいた製法を続けてきたからこそ発見できたことです。
Drive Thruは、アンプスタイルのメタルジャックソケット、トゥルーバイパススイッチング、超高輝度LEDを標準で装備しています。