スプロ系オーバードライブ、SuperBoltにブースターを加えたら、クラシックな音を網羅するペダルになりました!JHS Pedals Ruby Red、発売開始!

JHS Pedalsの新製品、遂に入荷しました!


左側はSuperBolt。同じ機能、サウンドですが筐体の違いにより少しだけ音が変わります。Ruby Redの方が一般的なオーバードライブに近いですね。SuperBolt V2は音に塊感が強いです。

そして前後入替え可能なブースター。個別にON/OFFできるので、クリーンブーストからオーバードライブ、ジリっと歪むハイゲイン、さらにファズのようなサウンドまでを網羅します。

敏腕プロデューサー、天才的アーティストのブッチ・ウォーカーが認めたペダルです。

Pedalsでは以前からブッチ・ウォーカーを敬愛していました。
ブッチ・ウォーカーはMarvelous 3での活動がよく知られ、また同時にP!nk、 Weezer、 Avril Lavigne、SR-71、Fallout Boy、Ryan Adams、織田裕二、PUFFYなど多くのプロデューサーとしても知られています。
今の音楽界で最も忙しく、必要とされる人物です。ブッチがスタジオに居ないときにはステージに立っています。

ある日、ブッチ・ウォーカーからセッションの度にSuperBoltを使っている、とJHS Pedalsに連絡がありました。そして、次のライブの予定などを聞き、そこから歴史的な対話が始まりました。
シンプルかつ簡単に使うことができ、かつ1台で全てをカバーできるペダルを必要としていました。クランクアップしたデラックスリバーブをギターのヴォリュームでコントロールする。そのスタイルに合わせた、ダイナミックでアンプの延長線上にあるペダルです。

JHS Pedals Ruby Redは、SuperBoltとブースターを融合させたペダルです。4つのノブと2つのトグルスイッチ、2つのフットスイッチで構成されています。
左側はSuperBoltペダルです。Volume、Tone、Driveコントロールで調整できます。Volumeはマスターボリュームで、エフェクト全体の音量をブーストすることもできます。
Toneコントロールは音色をブライト/ダークにします。Driveコントロールで内部回路の歪みを調整します。さらに左側の+トグルスイッチでさらにコンプレッションやゲインを追加することができます。左側のトゥルーバイパスフットスイッチで、SuperBoltのON/OFF操作を行います。
エフェクトの右側はカスタムメイドの2ステージブーストです。SuperBoltやアンプの前段でシグナルをプッシュするためにデザインされています。右端のBoostノブでブーストレベルをコントロールできます。右側のトグルスイッチはオーダートグルで、ブーストとSuperBoltの接続順を切り替えることができます。

Ruby Redは多彩な歪みとトーンをカバーするトーンシェイピングツールなのです。

JHS Pedals Ruby RedはセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。